とても便利な無地の名入れバッグ

   

トートバッグとは一体何でしょうか。改めてこう聞かれると、何となくイメージは沸いてもきちんと説明できる人は少ないかもしれません。トートというのは英語で運ぶとか背負うという意味があり、トートバッグというと、丈夫なキャンバス生地で出来ていて実用的なバッグのことを指しています。普段使いがしやすいバッグではありますが、本来は水や氷を運ぶことのできる、大きくて実用的な手提げ袋でした。
現在ではキャンバス生地だけではなくナイロンや革などでも作られ、四角い形で上部が開いており、ジッパーで締まるものもあります。また、カラフルな色のものや無地のものなど様々なものがあり、その上、大きさも手ごろなので色々なものを入れることができます。その中でもやはり便利で使いやすいのは無地のものです。無地はどんな洋服も邪魔しませんし、どこへ持って行っても違和感がありません。トートバッグがマイバッグとしていつでも便利に役に立ってくれるのです。

名入れバッグは販売促進用に最適

トートバッグは便利で重宝するため、誰かにプレゼントするにも良いでしょう。しかし、より大きな効果を上げるのは、企業や団体が何かの商品の販売促進用に使うことです。トートバッグに企業の名前や商品名を入れて、名入れバッグにして各方面に配ったり、商店なら店の名前を入れたバッグに購入してもらった品物を入れてお渡しすれば、店の宣伝にもなります。店の名や商品名が入っていることで、それがすなわち歩く宣伝になってくれます。ただ、こうしたことはほとんどの場合、印刷代などの出費を余儀なくされることもあります。でも、会社によっては名前入れをサービスとして無料または格安でしてくれるところもあるのです。そんなところを上手に見つけて頼めば、コスト的にも安く上がります。

トートバッグの種類と選び方

トートバッグは多種多様な使われ方をしています。また、形としては縦型のものと横型のものがあり、それぞれ用途や好みによって選ばれています。
トートバッグは本来、カジュアルなものでしたが、近年はビジネスでも使用されるようになってきました。その為にこれらはビジネストートなどとも呼ばれています。勿論、ビジネスで使用するのですから無地のものが多くなります。
また、日常的に使うのならば、通常入れている一番大きなものが入る大きさが良いでしょう。普段から荷物が多い人は、マチ幅が広い方が、大きなものを入れる時に便利です。逆にあまり荷物を入れない人は、マチ幅が狭い方が持ちやすく手軽です。いずれも自分の使い勝手が良いものを選ぶようにしましょう。

様々なシーンで活用できるように色とりどりの他社にはないカラーラインナップとなっております。 福井県に本社があり、東京、名古屋、広島、大阪、仙台、海外子会社だと中国に事業拠点がございます。 バックの企画から製造、印刷まで社内一貫生産となっており短納期・低価格・高品質を実現しております。 綺麗なシルク印刷が自慢のA4コットンバッグが当店で一番人気となっております。 トートバッグEXPRESSで名入れバックを作ろう|無地のバック編